前へ
次へ

若者の未来と日本の医療の在り方について

つい最近のことですが、東京オリンピックのメダル候補のアスリートが、血液のがんである白血病と診断されました。
全国各地から励ましの声が集まっていますが、日本の医療は日々進化を遂げています。
ひと昔前には不治の病と言われていた白血病ですが、現在は治る可能性のある病気と言われています。
抗がん剤治療は過酷ですが、副作用もかつてに比べると軽減されているようです。
励ましの声は元気付けられますし、きっと完治して戻ってくれるのではないでしょうか。
その他のがんに関しても同じで、早期の発見をすることで根治の可能性が高くなります。
医療費の抑制にも繋がりますし、定期的な検査をすることが一番だと言えます。
更に重要になるのが、医療保険ではないでしょうか。
お金がないと必要な治療を受けられないことがありますし、自分に合う保険を選んでおくべきです。
最近は通院給付が厚くなった保険が主流ですし、まさかの際の御守りとなって役立ちます。

Page Top