前へ
次へ

日本のがん治療と医療の問題点に関して

日本の医療は素晴らしいですが、唯一おくれているのが緩和ケアではないでしょうか。
日本の医師や看護師は、治る見込みのある患者には全力でサポートをしてくれます。
しかし、治る見込みのない患者に対しては、冷たいと言われています。
強引に転院を勧めるケースもありますし、患者との間に壁が出来てしまうことがあります。
がんは日本の大きな課題となっていますし、全力で取り組むべきではないでしょうか。
近年増えているのが、大腸がんだと言われています。
食生活の欧米化が要因ですが、野菜を中心に食べることで予防になると言われています。
年に一度は検査を受けるべきですし、とりわけ内視鏡検査の重要性が叫ばれています。
検査には苦痛もありますが、苦痛を乗り越えてこその早期発見ではないでしょうか。
血便や下痢にも注意が必要ですし、日常の生活を見直すことで未来が良くなるのではないでしょうか。
長生きをすることで、たくさんの幸せを得られます。

Page Top